霊視に際して 〜御法度でしょう〜


当然のことながら、

霊視は、

相手の了解が必要です。

個人情報ですからね。

常識です。

霊媒、霊能、といった以前に、

社会人としての常識であり、

マナーです。

依頼を受けていないのに、

勝手に霊視をしてしまうということは、

自己満足以外のなにものでも

ありません。

以前に、

『 また、勝手に霊視して、

 あなたはどうこう、

 こういう人が憑いている(守っている)、

 といったようなことを上から目線で

 言ってこられました。』

と、聞いてびっくりしました。

相手の了解なく霊視するのは、

相手に知られないといえども、

個人情報を盗む、ことです。

これは、断じていけまん。

御法度です。

そこにあるのは、

” 特別意識 ”

という心理。

互いに思いやりの心を持つ、

表現することは、

本当に素晴らしいエネルギーを

うみだします。

” 特別意識 ” ほど、

卑しいものは ありません。

自分勝手に 人様の霊視をし、

伝えるなんて

無作法にも程があります。

他にもっと すべきことが

あるでしょう?

ね。

合掌

AGATHA

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate ≫