飛んでいけたらなぁ・・・

時折、

飛んでいけたら いいのに・・・

って 思います。

伝える内容について、

「今まで申し上げたことはおわかりになりますか。

 わからない場合はわからないと教えて下さい。」

と、お尋ねします。

耳を澄ませると・・・

声をころして

泣いてらっしゃったのです。

( 泣いておられたんだ・・・返事など出来るはずは、ない。)

待って、待って、待ちわびた、愛しい家族との再会。

会ったこともない他から伝えられることが、

最愛の家族だと心がわかった瞬間、溢れる涙。

自責の念にかられる方を 私は

どうすればいいんだろと思いながらも何もできない。

気の効いた言葉をかけることもできない自分。

そっとしておくことしか、考えつかない。

交流を精一杯伝えても、悲しさや辛さといった感情の傷口が

余計に広がる場合もある。

私自身、何ともやりきれない気持ちに包まれます。

自分の感情を払拭するためなのか、

そうした時は、無言で掃除をします。

気が済むまで、掃除をします。

何も考えていないようにも思えますし、

交流そのもの、ご依頼を受ける意味を

自問していることもあります。

そんな時、

その方のところまで飛んでいけたらなぁ・・・と思います。

せめて、

背中をそっとさすってあげたいと思うのです。

アガサ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate ≫