良いエネルギーは

良いエネルギーは・・・

という表現が 適切かどうかは

わからないけれど、

今回はそう呼ぶことにします。

良いエネルギーは、

決して強くない。

ジンジンしたり、ピリピリとはしない。

ふわ~と 柔らかい 優しい

空気のような そんな感じがします。

いつまでも 包まれていたい感じ。

強いエネルギーには、

どこか「我欲」が感じられる。

人当たりはいいけれど、

何か不自然な感じ。

とても面白いんだけれど、

何か奥でうごめいている感じ。

話し方は上手いけれど、

言葉に重みがない感じ。

身振り素振りはフレンドリーだけど、

瞳の奥が冷たい感じ、

など。

逆に、

人づきあいはよくないけれど

言葉をあまり話そうとしないけれど、

何故か 落ち着いてくる・・・

ただ その人との空間に浸っていたくなる・・・。

おわかりになりますか?

この違い。

「 ああ、そうだ。」と

頷いていらっしゃる方も多いでしょう。

強いエネルギー = 良いエネルギー

では、ありません。

活気がある = 良質

とは違う。

わんさか人が集まる = 本物

とも違う。

肉耳、肉眼の判断が100%ではない、

ということ。

口先では、綺麗なことを言っていても、

掲げられた「看板」がどんなに良さそうに

表現されていても、

真実とは かけはなれている場合が多いです。

当の本人さえも、自分の我欲に気づいていない

場合だって あるのです。

肉眼で見えること、

肉耳で聞こえることは、

いかようにでも

脚色、演出できるのです。

本当に 良いエネルギーは、

ちょっとやそっとでは、見抜き難い。

なぜなら、目立たないから。

そうだからこそ、質の良さが保てるのです。

良いエネルギーがあっても、

人がどどっと押し寄せると、薄くなります。

美しい大自然を想像されたらお分かりになると思います。

人が次々と押し寄せると自然のみならず、空気さえも乱されてしまうのです。

我欲と光のエネルギーは全く異なります。

前者は、人混みに存在し、

後者は、人混みには存在しない。

良いエネルギーは

静かに深く、心にしみます。

目立つ必要など全くない良きエネルギーは

ひっそりとただ存在しているからです。

アガサ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate ≫