交流から始まる支え合い

他界との交流は、思いや心が強く伝えられます。

伝えられる思いに寸分の違いなく、伝えることに

こだわりつづけていますが、受け入れるべきだとか

正しいとか、そういう気持ちは私にはありません。


受け入れることが、正しく

受け入れられないことが、いけない

そういう単純なものではないのです。


大事にして頂きたいのは、ご依頼なさる方ご自身の気持ち。

辛い、悲しい、苦しい、複雑な思い・・・

私達の感情は、単純ではありません。

そうは簡単に割り切ることなど出来ないのです。

大波、小波、稲妻、雷、大雨、大風、台風、地鳴り、地割れ・・・

自然界でも多くの現象があるように、私達にも多くの感情が

あります。


「親なんだから、子どものために 云々」

そういうことは、言われなくてもわかっているのです。

元気を出させ、励ますために言った言葉でも

大きく傷つきます。

なかには、

「私だって、若い時に夫を亡くしたけど、頑張ったんだよ」

というようなご自身の経験を言われる方々もおられるでしょう。


人は、全く 同じ感情を推移する_

なんて思わないで頂きたいのです。

ひとりひとり、人生は違うし、感受性も違う。


受け入れること、許すことが 善で

受け入れない、時間がかかることが 悪ではないのです。

弱さでもない。

命に関わることに、弱さなど あるもんですか。

弱い自分があっても 良い。

人間、そんなに強いもんではありません。

不安にかられる日々があり、

どうしていいか、判断もできない日々があります。

不安すぎて 八つ当たりをしてしまう時もあるでしょう?


私達人間は そんなに強くは ありません。

だから、支え合いが必要だと思います。


交流の後も、依頼に関係なく メールをくださいと

申し出るのは、支え合えが必要だからです。

人と人との支え合い。

支えが次第に要らなくなってきたら、

ちょっと 笑えるようになってきたら、

周囲の人達と 笑い合って欲しいのです。


辛く悲しい時にこそ、支え合うことの足しになれば

自分に何かを見出せるような・・・気がしています。

頂くメールに、支えられている私です。




近所の線路です。古い感じが好きです。
線路はどうやって固定されているのか?この石はどこから持ってきたのか?など見ていると私の頭の中は興味で尽きません。(笑)注目はされないけれど、支えている地味さにすごく惹かれます。

アガサ

2件のコメント

  • アガサさんへ

    はじめまして。大切な人を亡くされた方のブログを毎日見ているうちに、アガサさんのブログにあい、昨日からたくさん読ませていただきました。私は昨年の11月に40年以上一緒に暮らした夫を病気でなくしました。アガサさんのブログを読んで、涙がぽろぽろこぼれました。毎日夫はどう過ごしているのかといつもいつも想います。
    交流から始まる支えあい…。そんな機会に会えるかもしれないとおもったら、少し気持ちが明るくなりました。ありがとうございます。またコメントしますね。

    • 明美様、コメントありがとうございます。
      お名前をフルネームで頂いていましたが、インターネットですからどこで誰がご覧になってるか分かりませんので、私の出来る範囲でそうしたことを未然に防ぎたいと思っています。そういうことで姓字を非表示にさせて頂きました。ご了承ください。

      どんなにお辛かっただろうと思います。看病なさっている時もお辛かったですね。(言葉では言い表せませんので下手な慰めなど私には不向きですのでご勘弁ください。)

      思い、愛情は、必ず届きます。届いています。届くことに、何の手段や道具も要りません。真心こめて、ただそれだけです。
      いつでもメールをください。表示されたくないと思われましたら、その旨、ご入力ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate ≫