夢の検証

先月のある夜、眠っていた私は何となく、目が覚めました。
50cm程離れたところに、黒い犬がすくっとおすわりして
こっちを向いていたのです。

目をこすりながら、
「 りんご(犬の名前)、なんで起きてんの? 寝〜や。」
と、普通に話しかけました。

真夜中でしたので、また寝ようと思い、壁の方を見ましたら

あれ? ・・・りんご、寝てるやん・・・
あっちとこっちに? 
どういうこと?

もう一度、壁近くを見ました。
まぎれもない寝相の娘、りんご。
反対側の方を見ますと、きりっとした感じの黒犬が
賢くお座りしてる・・・
(この子は、しっかりしてる。りんごとは違う・・。)

同じ犬種の黒犬が2匹・・・
・・・・・・・
まぁ・・・とりあえず、寝よかな・・・
ということで寝ました。(苦笑)

翌朝はいつも通り、朝4時半からフル稼働ですから
そんなこともすっかり忘れておりました。
その日の夜、家族達と少し話す時間があった時に
思い出せたので、その話をしました。

すると、家族がびっくりした様子でこう話してきました。
「夢で、りんごが2匹、出てきたんだよ!
お母ちゃん、起きて見たんだ!?
でも、1匹はりんごの雰囲気じゃなかったなぁ・・・
別の犬だな、あの犬は。」
と、こうです。

その後、家族全員で、別の犬はりんごのお母さん犬だよ、
もう1匹うちに来るのかなぁ(母:勘弁してくれ)〜、
などと勝手な想像を話したりしていました。

私は、そこはあまり興味がなかったのです(笑)が、
これは検証出来たんではないかと思いました。

ご依頼頂いた方々から、大切なご家族、大切な人が
「夢に出てきました」というご連絡メールを頂くことが多いです。

他界した家族達と夢で会えることは滅多にないので
そういう自分の個性を認めるようになって随分経ちます。
頂いたメールに、冷静に捉えることが出来ます。
書いてくださった内容と伝わってくる空気で判別させて頂いています。

あの夜、私は”完全”に目が覚め、”起きていた”。
そこで実際に、話しかけていた。

真夜中に、しゃきーーーんと賢くお座りしているので
(どうしたのかなぁ・・・)という印象はありましたが、
りんごだと疑うことなく、話していたのです。

そんなことを露知らない人間、
私以外の人間(家族)は、娘犬ともう1匹の黒い犬の夢を
見たのです。
夢で見たりんごそっくりな黒い犬が居る場所も、
私が見た場所と同じだったのです。

同日の夜、内容が一致。
どーです? これ。

来られているんですね・・・。
来られているんですよ。・・・
こうあらためて思いました。

感動というか、感激というか、なんと表現しましょうか
事実、現実、実際起こったこと、なんですよね、これって。
私だけではなく、私以外の人間が別々に同日に起こったこと。

ですから、夢で会われた皆さんにお伝えしようと思いました。
大事なご家族、大切な方は、傍に来られているんですよ。
実際に。
妄想や願望なんかではない、ということです。



私と一緒で「夢で見ないんですよね・・・」という方々も
多くいらっしゃいます。
見れていいなぁ〜と羨ましがるという観点ではなく、
この事実、この検証に素心でもって接して頂ければと思います。

昨年2019年から、夢でご連絡を頂くことが突如増えました。
なんでやろ?・・・
と思っていましたが、理由なんかどーでもいいです。(笑)



他界とうつつのこの世がより一層近くなったのかなぁ・・・
ということなんだろうかと思えます。

ウィルス感染もありますから、引き続き、気を引き締めつつ、
心の余白を意識しながら、”ま、いっか”精神で
暮らしてまいりたいと思います。(笑)
※笑ってますけど、本気です。





= 日常のヒトコマ =
お母ちゃん不在の間、ひたすら、大役を担ってくれている
私の娘「りんご」。
家をしっかり守るため、家族たちを癒す?ために、8時間強
ひたすら、おそらく、眠てばっかり。
並大抵な大役ではありません。感謝&ピース(古っ)
それにしても、あの黒いわんちゃん、どこの子だったんだろうね。
(りんごに似てたけど、男の子だと思うんだよね、きっと。)

6件のコメント

  • 私も母が夢に出て来たんです!しかも自分の誕生日に。
    今回のアガサさんの記事を見て、もしかして!と思いました(^o^)

    • お母さんが、yさんの傍に来られたんですよ!!!
      (夢を見ない見れないと思い込んでいる私も、きっと、傍に来てくれているものと思います。)

      良かったですね!
      アガサ

  • 涙が出ました…なんでだろう、多分嬉しくて。
    妄想じゃないんですね…
    アガサさんに他界のことを教えていただけることで、自暴自棄にならずに生きていけます。
    いつも有難うございます。
    朝4時半からフル稼働、くれぐれもお体大切にしてください!

    • 涙が自然に流れるのは、心で真だとお分かりになるからだと思います。例えば、クラッシック音楽、オペラをCDや動画ではなく、直接、会場で耳にする時、波が流れます。心が真の美しさと共鳴するから自然に涙が流れると似ているように思います。認めてあげてください。私は今回の経験によって、もっと素直に素朴に心や自分の存在、家族の存在、いろいろなことを大切に大事に思おうと思いました。
      ごーちゃんさん、コメントを有難うございます。(アガサ)

  • アガサさん、二度目のコメントです。

    ずっと夢は私の感情が作り出した妄想や願望だと思っていました。
    今日は夫の月命日ですが、亡くなって本当にすぐに夢に出てきました。
    まだ葬儀もしていない時だったと思います。

    長くなりますが、私の夢の話を聞いてくださいね。
    (長くなりますので公開せずにアガサさんだけご覧くださっても構いません)

    夢では、亡くなった夫を自宅に連れて帰り、安置をしていたら(実際は病院から斎場に向かったので自宅に体は戻っていません)、亡くなっているはずの夫がゆっくり起き上がって『まだ居られるんだ。車掌さんがいいって言ってくれて。でも朝までなんだけどね。』と言いながら、普段なら泣いている所を絶対に見せない夫がすごく泣いている夢でした。
    目が覚めた私は『え、車掌さん?何?お別れに来てくれたのかな?』と思いながらも、なぜか車掌さんとは電車(銀河鉄道999みたいな電車)の車掌さんだと分かっているんですよね。
    現実にはあり得ない状況ですから、完全に私の頭が作り出した妄想だと思っていました。

    アガサさんの言葉を見て、あの時、夫はどんな想いで私の夢に出てきてくれたんだろう?と考えました。
    きちんとお別れに来てくれたのかな、本当はもっと伝えたい事があったんじゃないかな、と。
    普段泣く姿を見せない夫が、あんなにボロボロと泣いているなんて、きっと悲しくて悔しかったんだろうな、と思いながらも本当の気持ちを理解してあげられない自分をもどかしく思います。

    亡くなってから今日までずっと、ただただ夫に会いたいと、今すぐにでも私を迎えに来て欲しいと思っていました。
    でも、アガサさんの言葉を見て、なかなか頻繁に夢に出てきてくれない所をみると、夫もあちこちの人に会いに出掛けていて忙しいのかな?とか、『会いたい』と夫も思ってくれていたらいいな…と少しだけ心穏やかに思えました。

    アガサさん、優しく素敵で勇気の出る言葉をありがとうございました。
    今日までずっと追われるように過ごして来て、泣く事もままならない状況でしたが、月命日の今日は夫を想いながら、心に正直に一人で泣いてみようと思います。
    本当にありがとうございました。

    • 私達の感情が作り出す映像もあります。例えば、昔つきあっていた人(自分の感情としては好きのスの字もない。苦笑)が突然夢に出てきて、気持ち悪い・・・やめてくれ・・・という映像もあります。それらをひっくるめて「夢」と例えてしまうことに私は抵抗があります。(苦笑)
      以前は泣く人ではないのに・・・とおっしゃる方々がよくおられます。本人らしくないなぁ〜とご依頼人様から聞かされたからといって交流で私が見聞きさせて頂いた状況をひっくり返すことは出来ませんし、致しません。そういう意味で交流は「当てもん」ではないと申しています。るるさんとるるさんのご家族様がそれを明らかにしてくださったことは大変嬉しく、安堵いたしました。どんな思いで話してくれたんだろう・・・どんな思いで泣かない人がポロポロと泣くんだろう・・・それは、追求したくなるもんですが、追求しないほうが愛情というものです。本人さえ、その涙の意味や理由を事細かに説明できるもんではないと思うのです。万感の思い・・・というのでしょうか。私達には言葉で表現できない多くの思いがあり、涙となって流れ出ることをきっとどなたもご経験なさっていると思います。夢とは思いません。実際、ご家族がるるさんとお会いになったんだなぁと思いました。泣くことは後ろ向きでもなんでもないです。夜空の月をただぼんやりと眺めていますと、涙がこぼれることもあります。その理由など必要ないですね。(笑) 心によりそって、素直な心、素朴な心、素心をお感じになってください。弱さを認めることで元気や勇気が出て、心に余白を設けることが出来るように、私自身思っています。コメント有難うございます。アガサ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate ≫