家族は大事だけど

交流の後に頂くメールをとても大事に思っています。

交流でお伝えすることを時間中に当てはめないのは
お伝えしている内容に自信がないのではなく、
大切なことは「本人が気付く」ということだからです。

交流のあと、時間がどんなに空いても
ふと 気付く時が 必ず やってきます。

それが大切なのです。

そうしたメールを頂いて、拝読している最中、
合致している”連絡”が 私にやってきます。
正しい場合のみ、この連絡がきます。
(交流50年程の日常から気付きました。笑)

本題に入ります。

心(内面)と肉体との関係は、私達が思っている以上に、密接です。

例えば、
自分の意思が弱っている時期は、胃も弱ります。
意思や思いを言う、他から聞くといったようないわゆる
コミュニケーションがアンバランスな時は、喉の調子が弱ります。

このブログを書くキッカケを頂いたHさんが書いてくださった
「諦めと滅私奉公が、私の安定につながるのだと生きてきました」
というお気持ち。

よーく、わかります。
本当によくわかります。
幾度となく、繰返し、そう思ってきました。笑
それで、いいやと思っていました。

でも、人間というのはうまく出来てるんですね。笑
ある日突然、
「それは、違うやろ」って、思ってくるのです。

私だって、人間だ! って。笑
傷ついたんやで! って。 

家族から言われた言葉に傷つく。
自分は家政婦じゃない。
自分は働き蜂じゃない。
ひとりの人間だ・・・!
という具合に。

まあ、
自分も気付かないうちに、家族それぞれに対して、
似たような態度をとっているもんです。
他のことはよくわかっても、
自のことってわかりづらいものです。

だけど、こういうのは、
これは「お互い様」、ではないんですよね。
先日の記事にも書きましたが、これは違うんです。

自分が傷つく。
そして、
自分の過去の行動に気付く。

「あぁ、家族はあの時、私の言葉で傷ついたんだな、今の自分のように。」
こう思えたら(気付いたら)、
「あの時、ごめんな。」と言います。
他界ではないですから、言葉で表現しないと
家族であってもわかりませんよ。笑

こういう経験を重ねて、
他の行動、
他の気持ち、
自の行動、
自の気持ちに 気付くスピードが速くなります。

気付いたら、素直に謝る。
気付いたら、心からありがとうって言う。
これだけで、すっきりします。
(占いなんて行かんでええんです。笑)

誰でも、そうだと思います。

同じ屋根の下で暮らす者のうち、
誰かが我慢して辛抱することなんてない。

周囲が上手くいってれば、
自分の多少の我慢や辛抱は良いんだ・・・
周囲が機嫌よく、いるのなら、
それが自分にとって楽なんだから・・・
とまあ〜、こう思ってしまうわけですよ! 大笑

振り返りますと、
家族を心のどこかで恐れているのだと思います。
それこそ、顔色を見て。ね。
不穏な空気が辛いから、とね。

いろいろな苦しみ、辛さ、悲しさを経験していくなかで
自分の考えが、合わなくなってくる時期がやってきます。
考える時期、なのでしょうね。

いろいろと、自分を追い込むような経験をして、
その度に、自分の感情や心に蓋をしてくると
肉体が悲鳴をあげてくるのです。
具合が悪くなる。

具合が悪くなってから、
あぁ、自分を祖末にしてきたなぁ・・・
やっと、気付くのです。

家族が大事_
本当にそう思っていても、これだけじゃアカン。笑
自分を大事にしてあげないと可哀想やなーーって
気付いてあげてください。

家族は大事です。
でも、
本当に大事にしてるかどうかは別の話。

上げ膳据え膳的な動きは、イカンのです。
そこそこ健康体なら、自分でやれますから。
片方がどっしり座っていて、
他方がせかせかと動いて・・・。

こういうのは、
大事な家族にとっても、よくない。
自分にとっても、よくない。

本当の愛情というのは、
なんでもやってあげることでは
ないのですから。

人として成長する機会を奪ってはイカンなと思います。
成長の機会を奪ったまま、見た目だけ大人になりますと
大変ですよ・・・その後ずっと。

人間、いつ何時、どうなるかわからない。
日頃からやってないと、動けないです。
きっと。

家族同士で、順位なんて無い。
人同士で、位が高い、低いなんて無い。

偉そうにされる必要もないし、
偉そうにする必要もない。

命あるもの皆、同率。

家族は大事ですけれど、
ちょっとしんどいな・・・ と思ったら、
即効、横になります。
ご飯を作ってる時でも。
(火の用心だけはやります)

身体が「しんどい」って言ってるんです。
自分が、自分の心の耳を傾けてあげないと
家族といえども、健康まではわかりませんから。

私達生き物は、ロボットなんかじゃない。
生身です。
動物たちも、そう。
肉体は脆く弱いのです。

ロボットでも故障したら、なかなか直らないことあります。
肉体というのは、精巧精妙なものですから、
さらに複雑難解です。



どなた様も、ご自分の内面と肉体を大事になさってください。

自分が、気付いてあげること。
自分が、大事にしてあげること。

家族は大事ですけど、 自分の内面と身体も大事です。
大事になさってください。






アガサ
+33

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate ≫