子どもの命を守るために

子どもの命を守るために

親による、子どもへの虐待。肉体への暴力、食事制限、言葉の暴力、そして、最悪なのは、死に至らしめること。児童相談所へ、周囲の人達や学校が依頼しても、どこまで立ち入れるのだろう。親という札が大事なのか、それとも、命を守ることが大事なのか、国は、きちんとした法律なり制度を早急に作る必要がありますよ。子を大…
困った時には

困った時には

何かに困った時、何か、迷った時、嫌なことばかり起きる時、自分が自分でないような時、などなど、感情は、「 何かのせい 」にしたがります。何かをみつけ、何かに結びつけ、そして、自分以外の「誰か」のせいにしてしまいます。全てを目に見えない世界からの指示やメッセージとして結びつけてしまうのは安直です。何かが…
他界した愛しい人への影響

他界した愛しい人への影響

大切な人が他界されるのは 本当に辛く淋しいです。"残された感" をどうしても持ってしまいます。考えてしまうことは たくさんある中のひとつ、「 私のの悲しみが大切な人にどう影響するのか?」です。何か言われた感じがしても、本人なのか?自分の妄想なのか?ということです。そういう時は 相手の立場になってみる…
憑意(霊が取り憑く)と言われたら

憑意(霊が取り憑く)と言われたら

もし 誰かから「あなたは憑意されている」というようなことを言われたなら、それを言った人から遠ざかること。失礼ですよ。ほんと 失礼すぎる。憑意、憑意と騒ぎ立てること自体、よくありません。不都合なことや、不幸とされていることが起きると人というのは、見えない誰かのせいにするんです。酷いなぁ〜 と思います。…
スピリチュアルというもの

スピリチュアルというもの

肉眼で見えないことを人様に言う者は肉眼で見えることに関与する以上に責任が大きくなる。このことを真剣に考え真摯に受けとめ良識と 現実的な視点を身にまとうこと。なぜなら 人様に影響を与えるから。言葉の影響力を自覚すること。自分を特別扱いすることは、ない。スピリチュアルというものは精神性というのは、自分の…
憎しみから生まれるもの、それは何?

憎しみから生まれるもの、それは何?

憎しみ、固執、執着それらから 何が生まれてくるのだろう。この世の中、善と悪に ばっさりと区別できない。善だけの人もいないだろうし、悪だけの人もいない、かもしれない。限りなく、それに近い人はいるかもしれない。それも ちょっと不自然な感じは する。私は 未熟もんだから。ほとんどは いりまじっていて 自然…
姿は違っても

姿は違っても

日曜日の朝一 ~ お昼までは、子どもの礼拝に、つきあってます。秋ぐらいから、突然、『 行きたい 』と、言い出しました。ということで、ほぼ毎週、日曜日のこの時間帯は、礼拝へのおつきあい。今日は、とても良いお天気ですね。朝から、雲ひとつない、とても美しい空色の空。美しさに見とれるほどです。いつものバスに…
霊視に際して 〜御法度でしょう〜

霊視に際して 〜御法度でしょう〜

当然のことながら、霊視は、相手の了解が必要です。個人情報ですからね。常識です。霊媒、霊能、といった以前に、社会人としての常識であり、マナーです。依頼を受けていないのに、勝手に霊視をしてしまうということは、自己満足以外のなにものでもありません。以前に、『 また、勝手に霊視して、 あなたはどうこう、 こ…
天国からのメッセージ

天国からのメッセージ

表現は、どのような方法でも、生前の個性のまま、懸命に、伝えようとされます。言葉使いであったり、身振り手振りだったり、表現は、さまざま。愛にあふれた証拠とそのメッセージは他人である私までも、その愛の恩恵に預かれます。どのメッセージも、心が穏やかになり、静かな癒しが訪れます。空気がふんわり、眠くなってく…
それでも、会いたい

それでも、会いたい

家族、大事な人が、天国へ旅立ったあと、頭では、わかろうとしていても、遺された意識がある私たちは、悲しみが癒えません。これは、年月の流れが、問題ではないのです。何年経っても、悲しさが癒える、完全に癒える、ということは、ないのだなと実感します。時が、解決をしてくれることもあれば、そうではないものも ある…
Translate ≫