募金先を選ぶ際に

頂いたメールで大切だな、日常にあるなと思いましたので、

書かせて頂きます。

●頂いたメールの一部

近くのスーパーマーケットに行ったところ、スーパーの入り口前にて、
若い男性から募金の依頼をされました。
募金に関しては、私も以前から参加したいと思っていましたが、
歩いている私に着いてきてまで、「是非募金をお願いします」と
しつこく言われたことには困惑しました。

あのような勧誘の方は、相手がどのような人かも分からないのに、
一方的に依頼をしてくるのでしょうか。

しつこく着いてこられたのが初めてでしたので正直身勝手だなと思いました。

– – – – – ご返信させて頂いた内容 – – – – –

街頭募金については、一切、信用していません。
申し訳ないけれども、信用しません。

寄付するなら、自分で選んで、落ち着いた時にします。
人に言われてするような寄付は、したくないですから。

ちゃんとしている団体もたまに、街頭募金をされるかと思いますが、
そもそも、あの時間(街頭募金に費する時間)が勿体ないと思います。
あの時間があれば、その活動で手一杯のはずですから、そういう時間は
ないので「自然」です。

Aさんに、しつこくつきまとわれた人は、
まるで、他界の低い輩のような感じですね。気持ち悪い。
人の良さそうな感じの人を見つけては、食い下がろうとする輩。

そういう人への対処方法は、無視。
聞こえていないが如く、無視。
勇気をふりしぼって、無視。
体中震えても、無視。
とにかく、無視。

ちょっとでも、関わる(反論や持論 等)と、余計についてきますから。(苦笑)

大手の福祉団体、最初は小さくても、大きくなればなるほど、使途は不透明です。
ですから、寄付先に決めても、私の場合、実際の報告内容(決算など)を見て、
寄付を継続するかどうかを視ています。

最初はどの団体も、多分、善意があったと思います。
ですが、寄付(お金)が集まってくると、人間というのは、どうしても、あやふやになります。

そして、見ていないから分かるまいという考えが出てきて、
私利私欲(月給、事務所、出張、など経費で落とせるもの)に流れていくのも
欲の流れとしては、不思議ではありません。

それを前提として、見越したうえで、私達は判別をすべきだと思っています。
※昨今のマスク転売と同じですね。

寄付は、金額ではありません。
寄付することだけが、アクションでもないと思っています。

日々、そこいらで、目の前にある命に対して、思いやりを差し出すことは、立派なことです。
人の道です。

まずは、家族に対して。
それが出来ていてこそ、その次の行動が出来ると思っています。

すべては、心だと思います。

よく、そのしつこい輩を振り切りましたね!偉いですよ。

– – – – –

団体となるメリットもあり、デメリットもあります。

団体でなければ、成し得ないことも あります。

団体だからこそ、腹黒い ダークな面も 出てきます。

私の考えですが、

善意による動きというのは、本来、団体になって、

資金を集めてまで することではないと考えています。

人が、

” 命を祖末にする ”

” 強い者には弱く、弱い者には強く ”

つまりは、

” 自分さえ 良かったら いい ”

この感情(欲)によって、現在、星の数ほどもある福祉?慈善?

団体が出来たのだと考えています。

けれども、あまりにも身勝手な人間が増えているから、

善意の灯火がある人達を動かしたのだといえます。

善意というのも、欲という強風にまかれますと、

灯火は 揺らめきます。

美しい言葉を並べ立て、

さも、救っているかのような写真を撮影し、

紙媒体、インターネット媒体で表現すれば、

お金が集まってくる・・・

それに味をしめて、どんどん、善意がなくなり、

お金集め団体と化してしまうのです。

この心理の流れを想像したうえで、私達は、自分がどう行動するかを

考え続けなければなりません。

善いことを続けるのは、時に勇気がいり、継続する気力、判断力が

要ります。

それでも尚、善意の灯火を 灯し続けたいと思います。

冷静に。

そして、もうひとつ。

ボランティア。

日本でいうところのボランティアは、手助けする行為。

時間と経費は、完全な自己負担。

海外でのボランティアは、きちんと対価が支払われます。

それが元々の語意です。

ボランティアというのは、無料ですることではないのです。

どこぞの国では、意味をはき違えたまま、国の都合の良いように

募集しているみたいですけれども。

寄付先については、その行動を冷静に判断した方が良いです。

人の善意を悪用し、お金集めが目的の団体や人達もたくさん

います。

まあ〜、大抵、人を騙そうと企んでいる人達というのは、

調子良いですよ。

綺麗なこと、美しいことばかり、仰る。

あるいは、

悲惨な状態ばかりをアピールなさいます。

私達の最大の武器は、

頭脳です。

考える、ということ。

想像する、ということ。

頭脳、考える、想像する、そして、人生経験。

無料なこと、楽なことほど、” 何か ” 裏がある! ってことです。

冷静になること、

考えること、

観察すること、

それらは、ボケ防止にも役立つと思います。

平和ボケにも。

アガサ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate ≫