月別: 2017年5月

早朝

早朝

早寝早起きは、子どもの頃からの慣れ親しんだリズム。先日の日曜日、朝5時半ぐらいに散歩することにしました。途中、立ち止まりながら、ゆっくり散歩。ガラケー写真ですが、ご覧頂いて、のんびりなさって頂ければと思います。(笑)県道に沿って、畑があります。歩く度に、この畑エリアがずっと在り続けることをいつも願っ…
笑っていたら、何とかなる。

笑っていたら、何とかなる。

当日は朝から落ち着かず、アガサさんにお電話する時間が近づくと心臓がドキドキしてかなり緊張しましたが、アガサさんの声を聴いてお話をする内に気持ちが落ち着きました。交流が始まり来られた方の特徴をアガサさんが伝えて下さいました。【まゆがしっかりしていて目元ははっきり】と聞いて主人だと思いました。そして人柄…
おすすめの本

おすすめの本

欲しいなと思って、本を買う場合と気づけば、その本に辿り着いていた・・・という本があります。この2冊の本は、後者の方。すでにご存知の方々もおられるかと思いますが、おすすめです。イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチ。本名は、レオナルド・ダ・ピサ。中世で最も才能のある数学者と言われているそうです。子ど…
公平に、誰にとっても。

公平に、誰にとっても。

" 家族との会話も空気さえも、疲れを感じ始める。 ひっきりなしに話してくる家族。( こちらの気持ちは、お構い無しなんだろうか・・・) いつしか、自分の気持ちが、固くいっぱいいっぱいになって来るのを 感じながら 家族の話を聞く。 申し訳ないけど、ただ 聞いているだけ。 話は、"声"となり、声は、"音"…
そっと手を。

そっと手を。

毎回伺う度に、息子とアガサさんの関係が親しくなっていくように思います。笑私がアガサさんを信頼しているように、息子もまたアガサさんを信頼しているのだと強く感じてなりません。桜の綺麗なこの時期は、◯年前の辛い闘病中を思い出し、いろんな思いが重なり、心が落ち着かなくなりますが、そんな私の心の揺れを息子はち…
周囲がどうであれ

周囲がどうであれ

家族の他界を経験されますと、ほとんどの方は、ご自分を責められます。他界との交流をさせて頂いている私が申し上げたいのは、あまり、ご自分を責めない方が善いと思います。自分を責めたところで、どうなりますか?というより、自分が他界したことを家族が家族自身のせいだと責めている姿を見るのはとても辛いと思うのです…
ひとりひとり、共に歩む同志。

ひとりひとり、共に歩む同志。

良いお天気が続いているGW。いかがお過ごしでしょうか?先日、ご家族の他界をご経験なさった方々の会にお招き頂きました。会場は、あるお寺さん。お掃除も空気も、行き届いたお寺さんでした。建物や敷地といった空間は、そこに住んでいる方の心や精神が感じられますね。お寺、神社、教会といったところだからといって、全…
Translate »