自粛する〜自分を見つめる〜

世の中、自粛疲れのようです。
なぜ、自粛が疲れるのか。


慣れた生活リズムではない、からです。

在宅ワークはしづらい、
子どもの世話がしんどい、
家族のお昼ご飯を作らないといけない、
あれもこれも やらないといけない、
なのに、家事するのは私ひとり、
親が口うるさい、
と、まぁ〜、いろいろ あります。

何だか、自分との闘いのような感じがしてきませんか?
自分の、嫌な感情と向き合う時間が長いのは
誰しも辛い。(苦笑)

ほとんどの方々は、皆、そう思われているのです。
自分だけではないのです。

自粛_
新型ウィルスの感染とはいえ、今までの日常生活に制限を
していかないといけないというのは、不自由に感じます。

次第に自粛ムードにも慣れてきて、気が緩んできます。
「3密でなければ、外出しても良いんじゃないの?」
という考えが沸々と、わいてくる。(苦笑)

この沸く考えは、至って、平凡な考え。
一般的。
根本的なところを理解していないと、この考えが脳を占め、
行動してしまいます。

それで、自然あふれるところへドライブ!・・・
訪れた先は、激混み・・・
当たり前。(大笑)
一般的で平凡な考えですもの。

「ちょっとぐらい」、「たまには」と考える_
皆が皆そうなると、激混みします。
自粛期間は長引くだけ。

自粛期間が終わったとしても、数年、あるいは、毎年、
常連のウィルスに入る可能性は否めません。

私達は、動く生き物。
だから、じっとしているのは ツライのです。
では、今まで通り動いていいのか?
感染は、誰か知らない人達だけに起こるのではなく、
誰でもに起こること。
誰かに、大切な人に感染させる可能性が大だから、
気をつけるんだということです。

私達の感情は、いろいろ。
自分の、嫌な感情とつきあうのは、しんどいです。
でも、仕方ありません。
全部、自分の感情なのです。

良いことばっかりではない。
嫌な自分、弱い自分、身勝手な自分・・・
それが悪いわけではないのです。

この世では、紛らわしたり、誤摩化したり、が
出来ます。

他界したら、それが 出来ません。
自分と向き合うことが ”日常”です。

他界では、肩書き、お金、権力、圧力といったものは
この世のように、まかりとおりません。
ブイブイ、言わせれないのです。

日々流れてくるニュースで、その人の本質が見えてきました。
順調な時の姿が本当の姿ではない、ということ。
順調な時、安定している時は、どうとでも言えのです。(苦笑)

自分も他も困っている時に、どうするのか_
譲れるのか、
譲るのか、
あるいは、
力づくで奪うのか、
盗むのか、
暴言を吐くのか、
八つ当たりするのか、
暴力を振るうのか、
自分ぐらいはいいだろうとするのか _
自粛が解除されても、自分とのつきあいは一生続く。
そして、他界後も 続きます。
自分を見つめる日々です。

困っている時に、自分がどう行動する人間なのか。
自分を知る機会です。

神さんが人間を試す、のではなくて、
自分が自分を試しているのです。

自粛、ひきこもりは、マイナスではない。

ひきこもる(自粛)は、
大きなエネルギーを貯蓄します。
物事をいろいろな角度から見つめ直せます。

貯蓄した大きなエネルギーが良い方向へ向かうように
躍進する方向に持っていきたいと思います。

耐え忍ぶ時があるから、物事を深く考える力に成る。

自粛は、後退では ない。
真実を知り、見極めるためのものです。
いわば、自分を洗練させているといえます。

マイナスではなく、
プラスにするため、躍進するため。

キツい時もありますが、そればっかりではないはず。
みんなで乗り越えましょう。



追記:
窓から夜空を見上げると何となく、綺麗に思えます。
静かで、何となく、気持ちが落ち着きます。
働いている人達に、自粛している私達に、
「ありがとう。」とつぶやき、窓をしめます。
これはこれで、気持ちがすっと落ち着きます。



=今日の写真=
りんご「あたしもね、今、頑張ってるの。」
りんご「わぁー!おいしいぃーーー!」
母注釈:まぁ、”待て”したからね。良いことあるよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate ≫