思うこと

ゆっくりじっくり、心掛け。

ゆっくりじっくり、心掛け。

スペイン風邪が大流行したのは、100年前ほど。 当時は今ほど研究・技術・情報も進んでいませんでしたが 国からの指示は、今とほぼ同じ。 ひとりひとりが気をつける、心掛ける を続けるほか ないということです。 ウィルスは 目にみえない。 感染を広げないことを 私達大人がひとりひとり 日常で地道に続ける。…
おたがいさま

おたがいさま

世界中の人達が 困っている。 みんなが 不安なんだよ。 出口が見えないのって 本当に不安。 いつ いつものように 戻るのだろう って みんな そう 思ってる。 みんな 困ってるんだよ。 自分だけが 不安で 困ってるわけじゃない。 命を 手助けしている医師、看護士、職員の人達 ネット注文した物を 届け…
花が咲く

花が咲く

厳しい寒さが 必要な分だけ たまったら 春に 花が咲く。 木に花が咲くものは 寒さが 必要。 私達 人間も そうなのだと思う。 辛い日々、 悲しい日々、 耐える日々、 艱難辛苦を 経験するからこそ 心に 見事な美しい花が 咲く。 その美しさは 経験してきた者だからこそ 美しく 感じる。 大袈裟でもな…
必要なのは、何?  〜 異様な日本人 〜

必要なのは、何?  〜 異様な日本人 〜

大元の " コロナウィルス " に対しての認識と行動よりも今や、我れ先に的な " 商品の買い占め " 行動と報道に多くの方々が呆れておられると思います。予想通りの動きを見せておられる日本人の方々。数々の被災を経験してきたのだから、もうちょっと冷静になさるのかなぁ・・・できるかなぁ・・・と思っていまし…
依頼をする、依頼を受ける

依頼をする、依頼を受ける

大切な家族、大切な人が他界をする_こんな辛く悲しいことはありません。どう思っていたんだろう、何を思っているんだろう・・・様々な思いが私達の胸や頭をよぎります。そうした時に、その手段を調べると霊能者や霊媒という人達から伝えてもらえるんだと知ります。とはいえ、その数のあまりにも多いことにびっくりします。…
粛々と生きていこう

粛々と生きていこう

自分がこの世に生まれたのは、親のおかげ。その親も、それぞれの親のおかげ。自分に物心がついてくると、特に若い頃なんかは正直、感謝の「か」の字もわかっていなかったと思う。若い頃を過ぎ、年齢を重ねていくなかで、様々な経験を 自分なりに重ねていく。嬉しく、楽しい経験よりは、むしろ、苦しく辛い経験を重ねていく…
どう生きればいいのか、どうすればいいのか 〜 他界による悲しみ 〜

どう生きればいいのか、どうすればいいのか 〜 他界による悲しみ 〜

大切だと思える人が他界することで、自分の感情に 振り回される。否が応でも 自分という者に 向き合わされるのだ。家族であろうが なかろうが、長年であろうが 短期間であろうが、出会いや存在が どれほどであろうが、淋しいには 違いない。大事と思っていたけれど、これほどのショックの大きさに自分のことながら …
子どもの虐待 〜 命にゆるすぎる日本 〜

子どもの虐待 〜 命にゆるすぎる日本 〜

吠えること、言葉が悪いことをお許しください。2016年の12月25日、近隣の方からの通報があった時点で虐待以外、考えられない。その時点で、一時保護を解除しなければ、親?を見抜いていたら子どもさんは、大切な命は、救われていたかもしれない。それまでも、相当、子どもさんに対しての虐待があってご近所も、もう…
迷う時、悩みがある時には

迷う時、悩みがある時には

いるべき時に、いるべきところにいて、成すべきことを 成す。これだろうとぼんやりと思うのです。流れに身を任せる、というのは 簡単なようで難しい。タイミングを見計らう、機や時を見る、というのも難しい。言葉の数が少ないことほど、すごく難しい。誰でも出来るようなことをし続けるのは、大変な忍耐が要る。必要なも…
お盆に思うこと 2019

お盆に思うこと 2019

びっくりするぐらい、暑い毎日。もう暑いの、ええわ(やめて)。と思う毎日。命の危険を感じ、地球は大丈夫か?と心配しています。(大丈夫ではないから、この酷暑。)昨年は、山の中生活でして夏を期待していた頃だなぁ〜と思い出しました。期待とは違い、山奥は暑かったのです。(苦笑)「 ちょっとぉ、もっと こう 涼…
Translate »